今回の怪我の件以前から

すてぃっちには

嘘をついたり
ごまかしたり

それはいけない事だよ、と


しつこく
言い続けているけれど

『あまのじゃく』な性格もあって
憎々しげな言葉も
すてぃっちの場合、コミュニケーションのひとつとして
周りの人達からも
そこがすてぃっちちゃんの愛すべきキャラ という感じで
成り立ってしまっていたりもして

普通の子?のような態度 に正す のは 
難しいことだ けど

でも正すべきは
諦めないで正さなきゃ。 と思っています。
 

先日、校長先生と話した時に

「今日言って、明日直る、ということはないので
 毎日毎日何回も何回も言い続けて
 正して行かなきゃ、と思ってます。
 年単位の目標みたいなものです。
 ・・・なかなか親の思い通りにはなりませんけど。。。
 でも信じて続けるしかないので・・・

 学校で、先生やお友達の迷惑にならないように
 嬉しくても、興奮しすぎてはダメだよ、
 落ち着いて行動するんだよ、と言い続けることも
 明るく、はしゃいで、周りを楽しくできるという
 あの子の良い芽でもあるのに それを摘むようで
 本当はしたくないんですけどね~。」

と、子育ても悩みもつぶやいてみました。

ざっくばらんな校長は

「それはさぁ~
 ずーっと言い続けたら、直ることもあるかもしれないけれど
 それはその子の特性として
 直らないこともあるかもしれないよね。
 でも、例えば嘘なんて
 あなたも私も、みんなついて生きてるじゃん。
 遅刻の理由を『道が混んでて~』とかさ。
 なんでも正直に言いなさい って言っても
 太ってる人に正直に『太ってるね』って言っていいか とかね。
 だから、すべての嘘をついちゃダメ、本当を言え だなんて厳しくしなくていいんだよ。
 どうしてもついてはいけない嘘をついた時だけはしっかり教える。
 それ以外のかわいい嘘は あ~、また言ってるな くらいでいいよ。」

そう言ってもらって

霧が晴れたような気持ちになりました。



すてぃっちにはこじかと違ってハンディがある。

だからこじか以上にちゃんとさせなきゃ という思いが
私にはあります。

時々、そのバランス感覚が自分ではわからなくなってくる

ありのままを受け入れながら
この子の特性を生かして
正しく生きさせる

う~ 
な~んてことを
言葉で書いてるよりは
実践の方が簡単そうだ^^


相談して

ちょうどいいバランスを保てるような

少しホッとした。。。。


小さい自分。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-07-07 10:00 | その他いろいろ