問題児?その3

トイレ事件が気になりつつも
週が明けて
元気な月曜日。

また学校からの電話。

おじいさん先生が

「大変なことが起きてしまいました。」

美術の時間にカッターナイフを使って作業をしていたところ
すてぃっちさんがお友達の指を切ってしまいました。
職員が誰もその状況を見ておらず
本人たちも怪我をしたことを言わなくて
気が付いたのは
その子が自分の持っている絆創膏で
処置をしているのを見つけて
初めて怪我をしたことに気がつきました。
かなり血も出ていて、止血はしたけれども
すてぃっちさんがやった ということで
指導をしています。
誰も見ていなかったので、どうしてそういう事になったのか
事情を聞いているのですが
話がころころ変わったり、『お母さんに言わないで』と言ったりして
事の重さを理解していない、反省していないので
お母さん、来てください。

って。。。

それはたいへん!

びっくりしました。

どうしてそんなことをやってしまったのか・・・
相手の子の傷が浅いことを願いつつ
急いで学校に向かいながら

刃物を使う授業で
 誰も見ていなかった   ってどういうこと????

という疑問が。。。。


学校では、次の授業が始まっていて

怪我をさせてしまったお友達も
すてぃっちの隣で普通に元気に過ごしていたので
少しホッとしました。
すてぃっちに対してもいつも通りに接してくれていました。

そして指導室で指導。

まずは

「お母さんが来てくれたから、お母さんにわかるように
 説明しなさい」

と先生に促されていたけど

本人なりに一生懸命説明してるのを
その説明が、さっきと違う、本当のことを言いなさい、

と何度も 言い直しをさせられ

何度もくり返しながら、また話が変わってしまったりするため

「じゃあ、相手の子も呼んできます。」

と言われる。


「あの・・この子に起きた状況を説明させるというのは
 この子にとってはとても高度なことで・・・
 はっきり言って説明できる力はないと思うんですが。」

と伝えました。


先生のおっしゃりたいことはわかる。
正直じゃない、とぼけている、という風に受け止めて
だからちゃんと素直に正直に言え ってことだよね。

私だって状況は知りたいけれど
残念ながらその能力はない。
そこを とぼけているように思われてはちょっと・・・

だからこそ
ちゃんと見ていてもらわないと。。。

相手の子も呼ばれて話を聞いたけど
その子もどうしてそうなったのか説明ができない。
ただ様子はいつも通りで
すてぃっちとは楽しそうに話していた。


先生はすてぃっちに

「どういう気持ちでやったのか?」

を何度も聞き

「あなたが反省しないと、お友達もお友達のお母さんも不安で
 学校に行きたくない、行かせたくないと思ってしまうよ。」

と。

すてぃっちが邪悪な気持ちを持ってやったことならばともかく、
そういうのではない気がするんだけど・・・

これ、普通級の荒れた中学生に対する指導なら正解かも。


すてぃっちの場合は
まぁ 加害側の親が言っても説得力はないだろうけど

そのお友達とはすごく仲良し過ぎるほどの仲良しで
その子を傷つけてやろう とか 痛めつけてやろう なんて事を
思うはずもなく(お友達のママもそう思ってくれてる)

今までだって、天使には遠い とは言いつつも
そういう悪い気持ちを持って人に何かする という事はなかったし
そうは考えにくい。

その指導の仕方をみて

あぁ、このおじいさん先生は 日頃のすてぃっちの態度から
問題児としてとらえているんだな~

それに
すてぃっちの特性(何ができて、何ができないか)も
理解してない
まだ2か月のお付き合いだもんな~




「お母さん、何か質問はありますか?」

先生はすてぃっちに対して質問は?とおっしゃったのですが私は

「説明するという能力は弱い子ですし、
 そういう事がわかる子であれば、このクラスにはいないわけなので
 先生には見ていてほしかったです・・。」

見ていてくれれば こういう事は起きなかったろうし
起きてしまったとしても 事情はわかる。

加害側の親がこんな事を言うのもどうか・・とは思いつつ
率直に言ってみたところ

「先生の人数は増やせません、
 それに刃物の使い方も最初に説明し
 全員ちゃんと理解していました。そのはずです。」


  ・・・・・う~~~~ん

  じゃあ まるで すてぃっちだけが理解できなかったおばかさんみたいな言われよう。。。


まぁ実際そうだから こうなったのだろうけど

先生の人数を増やして とは これっぽっちも思っていないし

だいたいが、
生徒8人に対して先生4人も付いていたら十分過ぎるはず。。。

どうしてすてぃっちの持っていたカッターがお友達を傷つけることになったのか
近くに寄りすぎてそうなったのか
なんなのか
よくわからないけど

すてぃっちは間違いをしてしまい
その事では
お友達やお家の人に申し訳なく
ほんとに胸が痛いです。

だけど
その感情とは別に
先生に不信感がわいてきて。。。。

悔しくなってきました。



             つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-07-01 08:22 | 学校