好きではないこと

人それぞれに いろいろな考え方、感じ方があるのはとてもよくわかるので
自分と違うからといって 否定する ことはしないし

どこの誰とも知らない方のブログで
その方のお考えを知る、というのは

かえって自分と違う、こういう捉え方もあるのね・・・と
なるほど~ と感心したり
自分の至らなさを反省したり
勉強になることもたくさんあるので
結構、そういうのは好きなんです。


ただ
誰もが知ってる有名な人が
あけすけになんでも公表するというのは
注目度も違うし
影響力もあると思うし

なんだろうな・・・

単純に私が

好きじゃない だけかもしれないけど。

ちょっと一般の人のそれとは違うというか
違和感を感じるというか。




可能性はあったけど
そうじゃなかったです ってなった時

よかったですね~

って世間の人が反応したら

その反応に対して傷つく人もいるでしょう。


かといって
そこのご家庭には
やっぱり健康なお子さんが生まれてきてあげてほしいな (日本語変?)
と願います。
それは障害を否定するわけでもなんでもなく。


もう10年以上前、有名タレントにbaby誕生って時に
「ダウン症の子が生まれてくればいいのに」
と言った知人がいて
超びっくりした・・・大ショックだった。

自分が障害の子を持ったことに対して
他人の幸せが憎かったのか (当時、私はその印象を受けたのでショックだった)

それとも あとから思えば
あれだけの有名人が親となれば
社会に理解者も増える、と思っての発言だったのか
彼女の真意はわからないけど

彼女の様に
それを望んでしまう人だっているかもしれない  嫌だそんなの・・・



そういう
なんというか・・・

デリケートな問題だと思うのですね。。。。








障害のある人は
天使のようにピュアで、素直で
癒される   的なことをおっしゃる人もいるけど

特別視されている上に
上から目線で言われているようで
好きではないです。

私にとっては癒しであることは間違いないですが
時にはむかつく相手でもある
可愛がってくれる人もいるけど
なんとも思わない人だっています。

それは
こじかの事をイイ奴だと言ってくれる人もいれば
なんとも思わない人もいるのと同じで

時には健常なこじかだって癒しの存在なのは
私が親だから。

それにうちのは
なんといっても素直じゃないですしっ。



ダウン症でも
天才といわれるような才能を持っていて可能性がある
という人もいるけど

可能性なら誰にでもあるのは同じで
うちのアホこじかにもあるけど

だけど誰もが天才になれるわけでもないのは
健常な人だって同じだしな~


な~んてことをだらだら考えてしまいました。

まぁ私の考えてることなんて
偏りだらけで変なんですけどね^^;
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-06-09 10:17 | その他いろいろ