モンスターじゃありません・・・

すてぃっちの学校での学習が
すてぃっちの能力とはマッチしていない  というのは
今に始まったことではないのですが。

中学校の授業が、小学校で積み重ねたその先の学習ではないため、

ひとりひとりに対応した個別学習にしてもらえないかな~

と、ずーっと思っていたことを
連絡帳に書いてみた。

最初はただひとこと
「数学は個別にしていただくことはできませんか?」
と。
(国語の漢字は個別にやってる と先生は言うので。)

そしたら
「相談しておきます」



でも、当たり前なんだけど
先生にも計画があるだろうし、
急には変わることなく
マッチしてない内容の学習が続き

それは私も理解しつつも
1年なんてあっという間に終わってしまう・・・という経験から
ちょっと焦って

「皆で同じプリントをやるということは
 個別授業ではなくて、少人数授業で、
 それだと、理解力に個人差があるし、
 個別計画というのがあるのだから
 それに沿った学習をさせてほしいです。」

要約すると そういった内容の事を書きつつ

「いつもたいへんよくしていただいて感謝しているので
 このようなお願いは申し上げづらいのですが」

とも書いたんですけど。。。

そしたら、それに対する返事が、

「お気持ちはよくわかります、なんでも相談してください。」
とは、ありつつも

「例えば今日は、すてぃっちさんは、○枚目までしかできませんでした。
 他の子はもっとできました。
 すてぃっちさんよりもできるお子さんも
 できない子に教えてあげたりしています。」

っていう事も書いてあったので

ん~~~~~

なんとなくぅ

お母さんは
すてぃっちさんをできる子と思ってるみたいだけど
そうでもないですよ
すてぃっちさんよりできる子も
文句もなく同じ問題をやってますよ
できない子に教える優しさも持ってますよ
お母さんは自分勝手ですね
すてぃっちさんだけよければいいのですね

と言われたような気がして

いやいや、私が言いたかったのは
ひとりひとりに必要で、且つ、合った事をやらせてほしい と言いたかったのに

うちの子はできるからもっと高度な事をやらせて、とお願いしたように受け取られちゃったのか???

ちがう、ちがう、そうじゃないよ~ と頭の中がぐじゃ~っとなりました。

もっとも、これは私の受けた印象で
先生のおつもりは、そうじゃないかもしれないんですけど。


その後、
懇談会があったので
学校に行きました。

な~んにも言わないことに決めて。

だって、これ以上なんか言ったら私
モンスターみたいじゃん!そんなつもりないから~~~~。

3人いる担任のお一人とだけはご挨拶もしましたが
他の先生は近寄ってきません。
まぁ、もともとそんな感じの方でもあるんですけど・・・

嫌われてますかね~。私。

心配です。。。

でも部活動の方では
今年度は担任の先生も配慮をしてくださって・・・・

       つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-04-22 17:30 | 学校