無題

すてぃっちのインフルエンザはパパっちにうつり

すてぃっちのクラスも学級閉鎖になったりして

今週は長いような短いような
おかしな感覚になっています。

今日から閉鎖が明け、すてぃっちも久々に元気に登校していきました。

巷では小中でも留年制度に賛成の人、反対の人
いろいろなお考えの人たちがいるようです。

実際、現場の先生はどうお感じになるのでしょうか
知りたい気もします。

単純に、高校大学の留年のように
学年丸ごとやり直し、というのだったら
今の学級運営でいけるように思うのですが

教科ごとに下の学年の勉強、というやり方にするとなると
現場はすごーく混乱するような気がします。

外野からは「こうすりゃいいじゃん」みたいに理想的な事を
らく~ に言いますけど

現場の先生って、何か制度や仕組みが変わりますよ~ ってなると
今現在の制度の仕事をこなしつつ
次の制度のための準備をしなきゃいけないけど
じっさい追いつけない状態のまま始まっちゃってる・・・といったことが
あるわけで

その狭間にはまる子どもたちが不利益を被るような気がするんですよね。。。

「留年」 って言葉にインパクトがあるから
そこにみんな着目しちゃうけど

私もあまり詳しくはないけれど
うちの市では
教科学習を個別に指導する支援もちゃんとあって(名前を忘れちゃった)
保護者からの相談があれば
例えば算数が苦手で、4年生の授業はわからない、という場合
算数の時間だけ、別の教室で3年生の学習を教えてくれるとかあるんですけど

結局、とりこぼしのないようにする っていうのは
そういう事なのかなって思うけど違うかな?

学校って週休2日になったために
5日間、結構キュウキュウなスケジュールで動いてて
勉強の時間の他に体験的な時間があったり行事があったり

すてぃっちなんかも
個別級と普通級の間の移動でさえも
スケジュールの関係で交流できない ってことも
あったし

例えば私が習字の指導に行く時の予定の組み方も
他の予定とかぶらないような日に設定するように
先生がご苦慮されてるし

現状を変えるって、大変なことだと想像できるんですね~。

学習の習熟度っていうのも大事ですけど
どうなんでしょうか・・・

精神面での成長も
年々、幼くなってきてるように感じてるのは
私だけなのかなぁ

と、まぁ 詳しい事はわからないし
ただのおばさんの寝言ですけどね^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-24 11:04 | その他いろいろ