あたしのお気楽

小学校の運動会に行った時、
すてぃっちの小学校時代のお友達の何人かと会いました。

いつもすてぃっちを見慣れてるので
中1女子の大人っぽさが・・・

新鮮だったりする私。

「すてぃっちちゃんのママ~~~!」

「あら~!大きくなったね~♪
 ・・・・っていうか、すてぃっち小さいね・・・」 ←思わず。

「何言ってんの~。すてぃっちちゃんに失礼だよ~^^」

「あっ、そうか^^; でもすっかりお姉さんになったね~。」

と、話してる横からも

「あー、すてぃっちちゃん!」

と、言ってくれる子ありで

小学校時代が懐かしかったです。

そうそう、学校に行けば
いつも声をかけてくれる子達がいました。

また別の子達にも会いました。

「あ、すてぃっちちゃんだ。学校ではぜんぜんすてぃっちちゃんに会えないから・・・
 すごい久しぶりだね。」

「・・・・そうか~、教室がみんなのクラスから遠いからね・・・。」



学校に行ってもすてぃっちちゃんを見ないって
うちの子が言ってるけど
学校に来てるの?元気?

と、お友達のママにも言われたこともあります。

やっぱり、交流がほとんどないっていうのが

どうなんかなぁぁぁぁぁぁぁ






小学生の頃は
遊びに来てくれる子がいたり
声をかけてくれる子がいたものですが

成長してくるにつれ
その関係が続くのは難しいとは思っていました。

みんなのスピードについていくことも
みんなの趣味に自分を合わせることも
すてぃっちには難しいので・・・
その逆も難しいでしょう・・・・

中学校で
交流クラスに行って何かを一緒にするという時間が
ほとんどないことも、仕方ないことかな  と思えてきました。

その分は
どこか他の場面で補うことの方が
いいような気もしています。

それでも
会えばこれまで通りに
 
「すてぃっちちゃん」

と呼んでくれる子たちがいるんだ 
ということがわかって

それだけでもよかったです。



この先、

心配しなくても

なんとかなるんじゃないかなって 思うのは



・・・・お気楽すぎるかな~ あたし。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-09-25 19:31 | 私のきもち