なんと その2

そして、いよいよ市大会団体戦1回戦・・

「頑張って来なね。」

と、送り出したところ

またもやうなだれて帰ってきたこじか。(もう慣れっこです)



「今日ね・・・俺、出てない。
 俺、2番手なのに・・・
 先生が急に
『こじかは交代。Wを出す』
 って言って。」

こじかはその名の通り、こじかのようなホネホネで繊細なタイプなので

コントロールはいいがパワーがない。

そこで

パワーが欲しかった先生は

コントロールは苦手だけどパワーのある4番手のW君を出したそうです。

「でもね・・Wが頑張ってくれて、勝ったから
 次の試合は俺が出られる って先生言ってた。」

「そうなの、よかったじゃない。じゃあ、俺の出番で頑張ってね。」



そして次の試合の日がやってきた。



野球でもテニスでも

今までパッとした結果なんて個人的に持って帰ったことがないこじかなので

それほどの期待はしないで帰りを待っていたのですが

なんと

「今日の試合勝って、県大会に行くことになったよ。」



え?ほんと?

で、あなたは活躍できたの?



「俺、勝ったよ。」



実は、前日

「俺ね~、明日の試合、負ける気がしない。」

と、言ってた。


これまでのこじかは

「あ~、俺、どうしよ、明日、負ける~~~~。」

って、毎回 同じように嘆き、

そのたびに私がキレて

「あのね、言霊と言って、口に出したことは必ず本当になるから。
 あなたがそう言った時点で、もうママにはわかる。
 あなた、やる前からそれで、すでに負けよ。
 勝つぞ、って気持ちで行かないと。」

と、何度も何度も言ってきた。

でもアホアホは毎回毎回 繰り返し・・・



そんなこじかが

「負ける気がしない」とは。。。。

勝ってくるかも。そんな気も。

でも

県大会の出場権まで取ってくるとは!

       ・・・ つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-08-02 20:05 | こじかくんとすてぃっち