お弁当

「月曜日はね~、交流でお弁当食べるよ。」

金曜日、制服を着替えながら元気に私に宣言したすてぃっちです。

「え?ほんと?それはすごいね~。行かれそう?」

「うん。先生も一緒に教室に行ってくれるって^^」

「そぉなんだ~、よかったね~。じゃあ、頑張って行ってきてね。」

「うん。」


たかがお弁当食べるってだけで

頑張って も何もないんですけど

大きい集団は苦手ですから・・・つい・・・。


でも、間に土曜、日曜が入ってしまったので

金曜日の決心もにぶってしまったんじゃないかと

心配してました。



先生からの連絡帳によると

「無事にお弁当を食べに行ってきました!!
 とりあえず、一緒に『食べる』というところから
 慣れていきたいと思います。
 話しかけてくれる子もいるので、きっと楽しかったのだと思います。
 合唱をきっかけに少しずつ心を開かせたいと思います。」


お弁当を一緒に食べる、ということは
以前から先生が誘ってくれていたのですが
いつも
「ちょっと嫌です。」
と言って拒んでいました。

それが、合唱コンクールの練習で何回か通ううちに
どうやら、すてぃっちに興味を持ってくれた子がいたようで
その雰囲気を察したすてぃっち本人が
行ってもいいかな~
って気持ちになったみたいです。

本人に

「今日のお弁当の時間、どうだった?」

と聞いても

私が聞きたいような話は話してはくれません。

結局のところ

良いのか悪いのか
正しいのか間違ってるのか
楽しいのか楽しくないのか

なんにもわかりませんが

誰もが
普通に当たり前に過ごしている中学生らしい活動を
してみた・・・・

っていうだけのこと。

それでも母は

うん。

と息を大きく吸える気分になれるんです。




順調に心を成長させてくれることを祈ってる。



ぜんぜん関係ないけど
フラワーな気分で    →a0065062_21572885.jpg
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-06-20 22:01 | 学校