『いい』と思うこと

学年の遠足に行かなかったことに
ちょっと元気をなくしてた私に

すてぃっちを知る友人が

「それはさぁ、なんか変だね。すてぃっちちゃんが大きい集団に馴染みにくいとしてもだよ、
 それを1回の経験と様子だけで判断して、難しいから分けましょう、って変だよ。
 誰だって、入学して早々は緊張して不安なのは当たり前だし
 最初からすいすいできる子ばかりじゃないでしょ、だって。」

「うん、そういわれればそうなんだけど・・。
でもすてぃっちに負担をかけることにも抵抗はあるの。」

「でもさー、地域の学校に入学した意味がないじゃん。
 tiisaiさんより年下の、何にも知らない私が言うのもなんだけど~
 中学って、先生を頼りにしたらいけないの?もっと頼っていいんじゃないの?
 先生もさ、tiisaiさんが思ってるってこと、知らないかもしれないよ。
 だってね、だってね、
 すてぃっちちゃんのことしてあげられるのはtiisaiさんだけなんだよ!
 わかってくれる人は わかってくれるよ、私もOさんもSさんも
 何か助けられることがあればなんでもするんだからさぁ。
 tiisaiさんが『いい』と思うことをすればいいんだよ。」

何にもしないのが楽だから
それに甘えて何にも考えないでいたかも~


彼女に言われて私が思った
『いい』
と思うことは
小学校の時のように
すてぃちが、大きな集団に入っても緊張することなく
自然体で過ごせることなんじゃないかしら・・・

明確には見えていないものの
なんとなくそんな気がして

なんとか交流をお願いしようかな~
と思った矢先の「登校途中休憩事件」

昇降口さえ怖いのに
交流させてください なんて言えるのか????(汗)

            つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-05-30 09:38 | 私のきもち