交流はしない

部活に入部できたことが
とても嬉しく思えるには
理由があります。

すてぃっちは地域の普通の中学校に通っていますが

全国的な傾向として
特別支援学校(昔でいうところの養護学校)の人数が
ここ数年、増加して
教室が足りなくなり、増設したり
空き教室のある中学校や高校の校舎を間借りして
分教室を開いたりしているようです。

横浜も同じように
支援学校は生徒がいっぱいで
ダウン症というだけでは入学させてもらえない状況なので

進学前に、「相談にきなさい」
という決まりで
行かなきゃならない特別養護総合センターでは

「お子さんは普通の中学校の個別支援級が相当です。
 地域の学校はいいですよ。地域のお友達との交流ができますからね。」

と、理想的なことを言われ

それが本当にこの子にとってふさわしい場で
本当にその通りであって
そう言ってもらえるならいいけど

実際には
こっちは満杯だから
あなたはこっちに行ってね
という振り分けなんだろうな~

ということは
最初からわかっていたことです。

すてぃっちは小学生の頃から
交流は苦手だったし
中学生になったらますます難しいだろうと
思っていたので
私は
何が何でも交流交流!

とは思っていません。

でも、例えば
朝の会とか
お弁当の時間とか
音楽の授業とか

そのクラスに在籍しているんだな~

と、他のお友達にも知ってもらえる程度の交流は
あるかと思っていたのですが

一切なく

ちょっとだけショックだったのは
1年生の遠足には行かないことになったこと。
1年生のそれはちょっと内容的に程度が高く
すてぃっちには難しいだろうという判断。
もちろん、その代わりにというか
2年生の遠足に参加するので
(2年生はグループ行動の遠足なので
 個別級の子だけのグループを作ってそちらに参加する)
それはそれでいいのですけど

でもそうやって、
何もかも交流しないとなると
否が応でも交流せざるを得ない状況だって
きっとあるはずで
その時に困らないだろうか、
例えば修学旅行とか・・・

と、聞くと

実は修学旅行も交流しないで行く、とのことで

あれまぁ・・  と。

地域のお友達なんて
できないじゃん。。。。

ただ

学校がすごく力を入れてることに
合唱祭、というのがあって
立派なホールに行って
クラス対抗で歌声を競い合う行事があるのです。

それにはクラスに交流しないとだめだけど
普段から関わってないのに
突然行って一緒に歌ったりなんて
できる?

すてぃっちにとっても知らない人達だし
クラスメイトにとっても
この子誰?
って感じだろうし

なんか色々な意味で心配なんだわ。

大好きなmayさんがコメントで

  一緒に育つことが いいって思っていても
  それを強く出せないことだってあるんだよね。


って書いてくれたの。

ホントに、地域の友達と一緒に育つのが理想だけど
理想どおりにはいかないし

希望してみたらいいじゃん、って思われるかもしれないけど
それをまわりのすべての環境が許して理解をしてもらえるものかどうか
それで本人も頑張れるものかどうか

たとえ、それが正しいことだったとしても
我を通すことが良しじゃない
私もすてぃっちも社会の一員なんだから
我慢しなきゃならないこともあると思う。
けしてひがんでるわけじゃないけど
現実はそうなのでしょう。


そんなわけで
これまでのお友達ともほとんど
交流しないすてぃっちの学校生活なので
部活動入部はありがたかったのです。

先日、こじかが
仲良しの女の子からメールが来た、
と、言うので

この子、小学生時代には
バレンタインにチョコとかケーキとか
作ってこじかにくれてた子なんだけど

美術部なんだよね^^

「あんたっ!妹をよろしくって言っといてよ~♪」

「うん。わかった。」

返信来た。

 ― 大丈夫。めんどう見るよ ―

こじかを好きになってくれるような子だから
優しいのはわかってたけど~~~


あ~~~~~~ ありがたや~~~~(涙)
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-04-27 11:38 | 私のきもち