迷惑をかけることへの遠慮

前回のつづき


「本人の意思を尊重してあげたいとは思うものの・・・
 部活に入部することになると
 どうしてもお友達や先輩に迷惑をかけることになると思うので
 私としても躊躇するところです。」

それは美術部の顧問の先生とお会いする前に
私が担任の先生に言った言葉。

先生は

「それは向こうの子にとっても勉強になることですし
 すてぃっちさんにとっても、お互いにそうですから
 それはまったくお母さんが気にすることではないと思います。」

・・・・・

たしかに、人と関わるって大事なことで
発展途上の子ども達にとって勉強になることだけど(いや、大人でもそうか)

せっかく青春を謳歌してる子たちに

この子と関わったために楽しくなかった、大変だった・・・

って思わせたくない 
申し訳ない          って思うのって私、暗いかしら。。。




そんな会話があった翌日

いつものようにF先生のご自宅にお勉強をしに行くと

毎回、お勉強のあとに先生のお孫ちゃんの
小学2年生のMちゃんと仲良く遊ぶのだけど

先生曰く

「実は今日
 すてぃっちちゃんがぬり絵が好きだからっていってMが
 ぬり絵用の絵を描いて、すてぃっちちゃんにあげたんだけど
 その絵がすてぃっちちゃんの気に入らなくて
 『いらない』っ言ったのね。  (あちゃ~なんてこと!)
 そしたらMが
 『せっかくすてぃっちちゃんのために描いてあげたのに』
 って怒って。   (そりゃそうですよ)
 そしたらね~、すてぃっちゃんが
 『じゃあ、塗る』って言ったの。
 今度はMがその『じゃあ』っていうのが気に入らない
 って言ってね。」

「まぁ~~~、それは失礼でしたよね・・ごめんなさい、Mちゃんに悪かったです。」

「ううん、いいのいいの。子供同士のやりとりだからね、ぜんぜんいいのよ。
 Mも一人っ子でわがままでキツイ言葉言うし、対等だと思ってるからね。
 そうやってお互いに勉強していくんだからいいのよ。
 でもね、プイッってなったMを見て、『じゃあ塗る』って折り合おうとした
 すてぃっちちゃんも偉いと思ったの。」

そっか・・・

迷惑をかけることに、いつも遠慮して

私が先回りしてそういう事態を回避しようとしてたけど

障害があることを

そんなに卑下することもないな  と

今さらながら思ったりして。

お互いに感じたり
傷つけたり、学んだり

金子みすゞさんの詩みたいに
それでいいのよね。

そんなこと

ずっと前からわかってると思ってたのに

ときどき初心に戻らないと

忘れちゃってるんだな。。。。


そして

もう1つ初心を忘れてたことがあった。



     つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-04-23 08:39 | 私のきもち