幸せ者

春は出会いと共に別れの季節でもあるけれど。

小学校を卒業し、
学校、先生方とのお別れも済ませたすてぃっち。

すてぃっちは無事卒業したのですが
私自身はこれからも
小学校との関わりが続きます。

お習字の授業にはこれからも
できたらライフワークとして行かせていただくし
読み聞かせ活動も仲間がいる限り続けます。

それと
学校支援コーディネーターの役割も大きな任務なので

ずっと通い続けますね・・・ははは・・・

卒業式の日、親しい先生達が
「来年もお習字よろしくね。」
「これからも小学校のために尽力を尽くしてくださいね。」
「また来ますよね^^」

などと声をかけてくださり
嬉しいような恥ずかしいような気持ちでいました。

ほんとに先生方とは
良い関係を作ることができてたなぁ~と
卒業が切なくもありました。

そんな中、ひとつ気になっていたが
男前先生の事。

どう勘定してもすてぃっちの卒業と一緒に異動。
でもそれを本人に確認するわけにもいかず

卒業式の日も
先生いつも得意のすっとぼけで

「すてぃっちさんが卒業してもtiisaiさんは卒業しないから
 僕は全然、寂しいと思ってませんよ。」

・・・・・でも先生、来年いないでしょ

って言えなくて。





3月の終わり。春休み。

フレッシュ先生から電話がきて

「子ども達がtiisaiさんに『お習字ありがとう』のお手紙を書いたので
 今から届けに行ってもいいですか?」

まぁ☆うれしい☆待ってまーす。

と、電話を切って

しばらくするとピンポンが鳴ったので
すてぃっちに

「フレッシュ先生だから出て。」

と言うと

「こんばんわ~。」

っていう声は男前先生。
(僕まで来るとは思わなかったでしょ~みたいな
 いたずら顔で立ってた!またいつものすっとぼけ)

フレッシュ先生も男前先生も
すてぃっちがものすごくお世話になり
ものすごく大好きな先生。

「先生、忙しい?お茶でも飲んでいきませんか?」

誘うと2人とも喜んであがってくれて
すてぃっちを囲んで
すごーく楽しい時間を過ごしました。

男前先生は
すてぃっちと初めてした会話のことや
おぷぅ事件のことを
フレッシュ先生に教えたり
(2007年の話じゃん
 先生、よく覚えててくれてありがとう っていうか
 そんな恥ずかしい話は忘れてもいいのに
 でもオモシロだからいっか^^)

すてぃっちは
「手紙を書く」
と言って、とんちんかんな手紙を書いて
先生達を笑わせたりして

とっても幸せなひと時でした。

やっぱりな男前先生に
お別れのご挨拶もできました。

絆 という言葉がありますが
思えばこんなに
信頼し合える関係は
他にない、と思うくらいの
結びつきだったような気がします。

春休みに先生がうちに来て
くつろいでもらえるなんて
そうあるもんじゃないもんね。

よかったねぇ、すてぃっち。
あなた、そういう意味で特別よ。。。

と思うと同時に
これから先に
こんな関係作りができることは
もうたぶんないだろうけど

今はとにかく
先生達に感謝。

どこにいても
応援してる。

頑張って。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-04-03 10:11 | 私のきもち