気落ち

このたびの災害で
ブログの気持ちにはなれなかったのですが
やっと少し落ち着いてきました。

11日以来
子供たちが「ただいま」と帰ってきてくれる当たり前のことが
当たり前じゃないかもしれない
奇跡なんだ

地震だけと限らず、何かがあったとき
自分は子供達を守ることができるだろうか

余震や原発のこともあって
胸がざわざわするような不安と
映像を見ては
勝手に涙が出てきて体が固まるような

しばらくの間
常に「怖い」そんな精神状態で

自分も家から遠くには行きたくない
子供達にも遊びに行かないで家にいて欲しい
無理な話だけどパパっちにもいてもらいたい

今まで経験したことのない揺れでした
停電にこそなりましたが
そのほかに大きな被害があったわけではありません
何も失ってもいないのに

そんな私でもこんな精神状態でしたから
被災されたところの皆さんが
どんなにたいへんなことになっているかと

何が書きたいのか
まとまらない。

あの日、
すてぃっちのことは
友人が学校から連れて帰ってきてくれました。

「すてぃっちちゃんね、
 先生から『○○ちゃんのママと一緒に帰りなさい。』って
 言われたら、走ってきて私の手をぎゅーってすごい力で握ったんだよ。
 だからきっと、とっても怖かったんだと思うよ。」

と聞き、涙が出ました。

卒業式は1週間後でしたが
気持ちはそれどころではなかったです。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-03-21 21:28 | その他いろいろ