書初め

また今年も泣きました、書初め。

たしか去年は家出する寸前だった。

ちょっと教えるとすぐ泣くのね・・・

また泣くのか~

でも
母は ひるみません。

「すてぃっち、泣いても字は上手くなりません。泣いて上手になるなら
 いつまでも泣いていなさい。上手に書きたいなら休んでないで
 筆を持ちなさい。」

「・・・はい、えっとちょっと、泣いてるんじゃなくて、
 ちょっと汗が出ちゃうだけ・・・
 鼻をふいたら最後まで書きます。ちゃんとやったらいいんだよね?」

「そうだよ~。すてぃっちはママね、6年生の中で一番上手だと思ってるよ。
 だから泣いてないで、ちょっとづつ練習していこうね。 
 そしたら、かっこいい字が書けるようになるんだよ~。」

「。。。うん。あ、じゃない、間違えた、はい。」

お勉強の時には「うん」じゃなくて「はい」と返事するように
しているので

今はお勉強モードなんだ、ってことわかるようになってくれたみたい。



別に字なんて上手に書けなくてもいいのです

とにかくすてぃっち自身が

『集団の中でも、自信を持って物事に取り組める』

これが私の願いであり

それが
生活全般に
つながっていくことが目標なのです。

夏休みはそのためのツールが「ソーラン節」でした。
a0065062_21275147.jpg冬休みは「書初め」だな!

頑張れすてぃっち!

ママは応援団長なのだ~^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-01-11 21:31 | 私のきもち