自主性


自主性に任せる  

って言うと

聞こえはいいけど

都合がいい言葉かなぁ

こじかの部活の朝練。

テニスコートは2面しかないので

全員が参加できるわけではなく

成績上位の子だけが練習できる

まぁ

上位に選ばれることは

嬉しいことでもあり

辛いことでもあるらしい(生徒にとっては)

私も早起きしてお弁当を作らないとならないので

毎日眠いけど

お弁当を作りながら

何度もこじかを起こすので

こじかが出かけるまでは

かなり殺気立つ。

「急がないと遅刻だよ。」

のんびりしていて、急ぐ気配もないので

ある時、私もキレて言った。

「好きでやってる部活に遅刻なんか考えられないっ。
 上位に選ばれた誇りは無いの?
 遅刻したら仲間にも迷惑でしょう?
 参加したくても選ばれない子だっているんでしょう?
 その子たちに悪いと思わない?」

するとこじか

「だって、みんなだって時間に集まらないし
 別に遅刻しても平気だよ。」

そのひと言に燃えるtiisai!

「ほらっ。そうやって一人ひとりが遅刻して
 誰もちゃんとした人がいなくなったらどうなるの? 
 悪い方に引っ張られるんじゃありませんっ!
 誰もこなくてもあんただけはちゃんと行きなさいっ!
 イヤなら、部活なんてやめてしまいなさいっ。」

と・・・・

毎日バトル。。。。

それがある日の放課後

「ママ、明日から朝練がなくなった。」

「なくなったって、どういうこと?」

「なんか~、いつも来ないヤツが2人いて~、
 先生が『全員揃わないと意味がない。
 これからどうするか、みんなで相談しろ』
 って言ってさぁ、どうせあいつら来ないし
 相談したらみんな『じゃ、やらなくていいべ。』って言って
 やらないことに決まった。」

はぁ~~~~~~~????????


「あんたたちっ、ばっかじゃないのぉおおおおおお!
 なんで、楽な方にいっちゃうわけぇええええええ?
 来ないヤツを『来いよ』って引っ張ればいいわけでしょう?
 それをそれをそれを~~~~~~~~!」

まぁ、そんな奴らだから
先生も呆れて見放したのかもしれませんし
試したのかもしれません。

「先生、なんだって?怒ってた?」

「いや、別に先生は怒ってはいないよ。」

そぉか・・・・・

自主性に任せたのか・・・

それはそうかも。

馬を水のみ場まで連れて行くことはできる
でも水を飲ませることはできない

自主性・・・それがなきゃ
何をやったってダメなんだ。。。。

でもそれって


先生、楽してないか?

そこを  そこんとこを

厳しく強く
その根性から
叩きなおす

あるいは

その気にさせるのが

指導  って言うんじゃないのか?

・・・・でも

部活は先生もボランティアでやってくださってるのだから
そこまで望んじゃバチがあたるよな。。。。

子供の成長って
難しいよね

いくら親が頑張れ って応援しても
もう私の思いが及ばないところに子供もいってしまってるし

いい指導者と出会えたらいいけど

結局
あとは本人次第。

わが息子ながら
どうしてあんなにやる気がないのかと

燃える  ということがないのかと

ほんとに私の子なんかな?????

って思うくらい アホです。。。。

はぁ~~~~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-12-05 09:06 | こじかくんとすてぃっち