幸せ。

「すてぃっち~、F先生、覚えてる?
 先生がね、お家においで、って。
 一緒にお勉強しようって、言ってくれたよ。行く?」

「うん。」

先生はご自宅の近くまで迎えに出てくださって
すてぃっちは久しぶりに先生と対面しました。

先生が、すてぃっちを見てとっても喜んで抱きしめてくれたので
私は幸せな気持ちでした。

先生のお優しさは変わらず
ご自宅までの道のりを
すてぃっちの肩を抱きながら
「すてぃっちちゃん、先生ね・・・。」
と温かくたくさんお話してくださってました。

すてぃっちもご挨拶もできたし
恥ずかしがらずにお話できました。

お家に着いてから
最近の勉強の様子や
進路のこと、
生活のことなどを話しました。

私がすてぃっちに必要だと思うことや
どう育てたいか、ということ、
生活の中で継続するのが困難な課題もあることなども。

「私ね、すてぃっちちゃんに何がしてあげられるかなぁって考えたの。
 学習も大事だけど、他にもいろんな体験をするのがいいと思うのよ。
 例えばね、編み物とかどうかしら。太いかぎ針でアクリル毛糸のたわしとか
 作ったり、その次はお料理なんかもいいじゃない。
 公文の学習もね、毎日おんなじことをくり返すでしょ?
 その積み重ねでできるようになるじゃない、それと同じで
 毎日同じようにきゅうりを切るとしたら、それがプロ並みにうまくなるよね。
 だから難しいことや、たくさんのことはしなくていいの。
 単純なこと、毎日できそうなことをやる。
 だからお家ではそんな風に何かひとつ包丁のお手伝いと
 玄関の靴並べをお願いするとかね?それで絶対すてぃっちちゃんしか
 そこの仕事はしないの。任せるの。そしたら責任感を持つでしょ。
 すてぃっちちゃんにとっては、公文の先生が代わったことも
 良かったとも思うわ。いろんな人と関わる体験も必要だもの。

 それで、ここに来た時にはすてぃっちちゃん、本を先生と一緒に読もうか。
 それと、編み物をしよう、先生教えてあげるから。たわしだったらたくさんできるから
 お友達にもあげられるわよ。」

先生が、本当にすてぃっちに何が必要なのかをわかって考えてくださっていたので
ありがたくてうれしくて胸がじーん。。。となってしまいました。

しかも

これから毎週お邪魔して
お勉強以外に
編み物やお料理を教えていただける

ただで。

「これだけは先に言っておくわね。絶対にお金のことは気にしないでね。
 お土産も持ってこなくていいのよ。そうされると私も気が重くなるし
 私が好きでやらせてもらうんだから、遠慮しないでそうしてね。」


すてぃっちのことを理解してくださって
考えてくださって
愛してくださる人が
家族以外にいてくれるなんて。
 
・・・・こんな幸せなことがあってよいのでしょうか(泣)


すてぃっちが生まれて2ヶ月目から
赤ちゃん体操の先生が毎月家に来て
すてぃっちのこと、子育てのことを
教えてくれました。
その先生もボランティアで
ただで家に来てくれてました。

3歳の頃は、通っていた幼児教室が閉室になるところを
すてぃっちちゃんにはあと1年だから、続けて見てあげましょう、
と閉室を1年延期してくれた先生がいました。 

そして今度は
すてぃっちの将来のことまで考えて
できることをしてあげよう、
と言ってくれる先生が現れて

すてぃっちには本当に“人がついてる”というか
幸せな子だなぁと思ったら
涙が止まらない。


時々、学校ボランティアに行っては
わたしって
もの好きなおばさんかなぁ
お金にもならないのに
喜ばれてるかどうかもわからないのに
って思うこともあったけど

今までお世話になった人達に私が返せるものがあるとしたら
私がしていただいたことを
誰かにお返しすることしかできないから

もう悩まない。感謝の気持ちだけで生きていけちゃう。

すてぃっちが私のところにきてくれたことで
人の優しさや温かさにふれることができた

よかった
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-24 10:30 | 私のきもち