万華鏡

a0065062_9195239.jpg
夏休みにの宿題では
自由研究、もしくは作品作りもやらないとなりません。

工作に限らず、絵でも研究発表でも
とにかく何でもいいのですが

すてぃっちには工作がいいかなぁ・・・と。


この作品は夏休み明けに教室の前に展示され
お友達や保護者にも見てもらったりするのですが

普通は一つだけやればいいところを

すてぃっちは4年生の時に
交流級の担任から

「課題をやってきてもらえたら、こっちのクラスにも
 展示するから、頑張ってみてね。」

と、言われて

以来、個別級用にひとつ、交流級用にひとつ
作品を作っています。

その分、手間がかかるのですが
それは

誰からもクラスの一員と感じてもらえるため の

ひと手間なので、苦ではないです。



でも

ネタはどうしよう・・・・

何やろうかな・・・・

しばらく考えてみて

万華鏡なら、低学年でも作れるみたい・・・

よし!一つはこれだな。

と、決めたものの

なんかアタシ、正直めんどくさくなってきた。



そんな時は

「あのさ。。。万華鏡どうよ。っていうか、パパに任せたよ。」

パパっちに丸投げ。

「ふぅん、いいよ。」

まぁ、パパっちもあっさりOK。

しかも

おもしろ好きなパパっちは

まず自分で試作品を作ったりして

すっかりパパっちの夏休みの研究になってるのだっ。



でもそのおかげで、すごく素敵な万華鏡作りができたの~。

a0065062_9113327.jpg

外見はこんな感じ。仕上げに千代紙が貼ってある。



すてぃっちはラムネが大好きなので

家にはラムネのキャップやビー玉がたくさんあり
それを利用。

数日間
ビー玉を黙って見つめたり
光に透かしてみたり と
研究者の顔で
いつもは捨ててしまうゴミを

「それは捨てずにとっておけ」

と、パパっちが言っていた理由はこれだった。
数年前の運動会でダンスに使ったラップの芯状の筒も使えた。

しかもこの2つが
はかったようにピッタリサイズ。

パパっちの指導の下、線を引いたり、カットしたり
テープを貼ったりはがしたり

「むずかしい・・・」

と言いながらも
大好きなパパとの時間を
楽しそうにしていました。

これが完成するとね・・・

ビーズやセロファンは使わずに
見た物のカラーがそのまま
めくるめく世界を映し出す って感じで

これが結構、癒されるのよ~。

a0065062_9145064.jpg

a0065062_9172467.jpg

a0065062_918358.jpg
生で色の変化を見たら
もっと綺麗なんだよ♪


暇さえあれば、つい覗いてしまってます。
(一番最初の写真は部屋の照明を覗いたところ。
 おひさまは覗いてはいけませんね。)


ところでもう1つの作品の方は・・・


        つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-08-06 09:26 | 学校