謝っても許せないこともある




知的障害の小6女児、裸にされ水かけられるいじめ



新聞を見て

え!女の子が?

と思ったのが第一印象。

でも、すてぃっちのまわりのお友達を見ても
どちらかといえば

男の子の方が差別や区別がなく
すてぃっちに接してくれる子が多いように
このところ感じてる。

女子は
仲良しグループを作る年頃なので

すてぃっちに対して
今までは言葉をかけてくれてた子が
あまりかまわなくなったりしてる事があるとは思う。

ただ、それはいじめとか悪意とかではなく
子供たちの成長の過程なので

気にはしていません。

でも基本、
男子の方が単純で優しいところがあるから

女子か・・・それもあるのか・・・

と、どこかで納得してしまったりして。。。



新聞の記事だけで
詳しくはわからないので
的外れかもしれないけど

まずは
いじめの動機が・・・

「掃除をしなくても先生に怒られないから」

そう!そうなの!

だから私は毎年交流級の担任に

「すてぃちをクラスの一員にしてほしい。」

とお願いしてきました。
他の子に対して叱るようなことは
同じように叱ってください、と。

でも、先生によっては
「叱ったために、このクラスに入りにくくなったらいけない」
と、遠慮して叱って下さらなかったり

「個別の担任に任せています」

という先生もいました。

知的障害があっても
指導は同じようにしていただかないと
それはうちの子のためにならないばかりか

他の子に対しても
示しがつかない ってこと、あると思うのです。

結局、特別な子 という存在になってしまう。
だから
クラスの一員、と認識してもらいたいのです。


それとこの学校
夏休み明けには
介助員を配置する っていうけど

もしも
この被害者がうちの子だったら

私は介助員を
いじめた方の子につけてもらうことを要求したい。

その子達の気持ちの方がすさんでると思うから


っていうか我が子だったら
冷静ではいられない
私が
仕返ししちゃうかもしれないわ
とうとうと語るよ
私たち、家族が
どれだけすてぃっちを愛しているかっていうこと
障害があるってどういうことなのかってこと
やった子とその保護者と
もちろん先生にも。


だいたい
いじめは5、6回もあったっていうけど
どうして先生は気付かなかったのか・・・

支援級の子なら
担任の受け持つ生徒なんてほんの数人

障害があったって
普段と様子が違う っていうことに
気付くべき。
素人じゃないんだから。

謝って済むことじゃない。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-08-02 09:27 | 私のきもち