相性かな・・・

すてぃっちのいいところは

心優しくて
気が利くところ。

よくないところは

あまのじゃくな性格
本当は好きなのに
逆に嫌いと言ってみる   みたいな。


のどがかわいて、飲み物が飲みたい、
だから自分で台所に行って
冷蔵庫から出してコップに注ぐ。
でも部屋にはおじいちゃんもいたな~
おじいちゃんの分も持っていってあげよう  と

黙っていても
ちゃんと人の分まで持っていってあげるところが

かわいい、いい子、と思ってもらえるところ。

だけど

人から何か声をかけられた時に

聞いてるんだか聞いてないんだか
返事をしなかったり
「これはこうでしょ」
と、教えてもらってるのに
「ちがうよ」
と、しつこく言ったりするところは

かわいくなく、嫌われちゃうところ。



ずーっと以前から、その性格は気になっていたので

よく学校の先生に

「あの性格が・・人に対する対応が・・素直じゃないところが・・
 可愛くなくて心配で・・ヒヤヒヤします・・。」

と、お話してきました。

でも、その度に

これまでお世話になった先生方は

「でも、あれがすてぃっちちゃんのコミュニケーションの取り方でね
 ああやって本人も楽しんで、良い、悪いを学んでいくのだからいいんですよ。
 ちゃんとしなきゃいけない場面では、ちゃんとしてるしね。」

とか

「いやぁ~、あの憎まれ口もカワイイですよ。」

とか

「すてぃっちちゃんも、面白がって言葉を使ってるし、私達もわかってるから
 大丈夫。もっとすごい子だっていっぱいいるんだから~。」

みたいに、優しく温かく、おっしゃっていただいてました。。。。

それでも

家庭でも、素直じゃない時には強く注意はしていたのに

簡単に直る・・・ということはなく

私自身も心のどこかに

先生方の優しさに対する甘えもあったかもしれず。



この頃、公文の学習がすてぃっちにとって
難しくなってきました。

これまでにない、山場を向かえてる感じです。

ダウン症の子は数の概念が苦手とされているので
難しくて当然なのですが

余りのある割り算に
すごく戸惑っています。

家では
私が一緒に答えへの道筋を追っかけていってあげられるので
自分で考えて答えを出せるのですが
今はまだ、その助けがないと
ひとりでは無理。思考停止状態。

なので教室では、今この時期だけは
先生に教えてもらいながら
一緒にやってもらえないでしょうか?

と、相談してみました。
以前の先生は、そのように一人ひとりの個性を考えて
個別に対応してくださっていたので
できないことではない、と思ったので。

でも
その返事が

「自分が(先生が)すてぃっちさんがどこがわからない、
 どこを知りたいと思っているのか
 を理解してあげられてないのかもしれないのですが・・・
 一緒にやると、すてぃっちさんが・・・」(と、とても言いにくそう)

要するに、
憎憎しいことを言って、スムーズにお勉強にならない、
だから、一緒にやらない方がいい、と判断して
すてぃっちとは距離をおいている

と、いうことでした。

素直じゃない性格のせいだ~。

いつもいつも理解してもらえる相手ばかりじゃないのだと
わかっていたのに。
もっと上手に育てなきゃいかけなかった。
努力しなかったつもりはなかったけど
足りなかったのかも。。。

人には相性があるから
仕方ないかもしれないけど

『距離をおいてます』

という言葉が、とても寂しく。。。

すてぃっち自身は、私に気を使ってか

「ママ、割り算一緒にやろうね。教えてね。」

と言って、できないことを諦めたりもせず
前向きなので、時間がかかってもくり返しくり返し、
続けてあげたいと思うのですが

私の気持ちはどこか
糸が切れたような、というか
落ちたというか。

やっぱり、愛される子に
もっとしっかり躾けていかないと!

家では、やっぱりかわいい我が子なので
つい癒されて、ごまかされて、
甘やかしていたかも。。。。

涙目で
「ママ、怒らないでね。」
と言われると
「うん、怒らないよ。」
と言ってしまうことも。。。。

ダウン症の子は天使  なんて聞くけど
なんだかうちのは天使じゃない、だからちゃんと育ててあげないと!

・・・・・と。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-04-24 08:56 | 私のきもち