たけのこ

『ふしぎなたけのこ』
という昔話

山の奥の奥の村では、たけのこが大ごちそうで
少年たろが、たけのこを採りに行く

そのたけのこがずんずん伸びてどんどん伸びて
ジャックとまめの木みたいに
たろが天高く、上っていってしまい

たろの両親や村の人たちが
たけのこを切って倒して
たけのこ伝いに、たろを助けに行く

いくつもの山、いくつもの谷を超えて
何日もかかってようやくたけのこの先端につくと

大きな池があって
そこにたろが倒れている

池の水をかけてやるとたろは息を吹き返し

ところがその水がしょっぱくて・・・

それは海の水だった

それからその村の人々は
たけのこ伝いに迷うことなく海へ行って漁ができるようになり

魚や貝やわかめや昆布

それにたけのこ

栄養がいっぱいあって
うまいご馳走が食べられて

村人は長生き 村は栄えたとさ。     

a0065062_10101534.jpg

こじかもすてぃっちもこの頃
ずいずい 伸びてきた。

なにかいいことあるかな~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-04-16 10:12 | 絵手紙